川内杯栗橋関所マラソン大会

Special

川内優輝 川内侑子 川内鮮輝

努力と工夫で日本陸上界の常識を覆すアスリート

陸上歴26年。砂原小1年時に陸上を始め、鷲宮中、春日部東高、学習院大と陸上を続け、箱根駅伝にも関東学連選抜6区として2度出場。2009年に埼玉県庁に入庁後もフルタイム勤務の市民ランナーとして競技を続け、2019年3月末に埼玉県庁を退職し、プロランナーに転身。これまでに招待選手やゲストランナーとして200回以上(一般参加等も含めると540回以上)のレースに出場。フルマラソンはすべてサブ2.5及び20位以内で完走しており、サブ10の世界最短間隔記録(中13日)や日本人最多記録(13回)なども樹立している。また、フルマラソンのサブ12~サブ20の1分刻みの達成回数は全て世界一である。
座右の銘は「現状打破」

【自己ベスト】

フルマラソン :2時間 8分14秒(13ソウル国際マラソン)
30km :1時間29分31秒(13熊日30kmロードレース)
ハーフマラソン:1時間 2分18秒(12香川丸亀国際ハーフマラソン)

【日本代表経験】

第13回世界選手権(大邱)マラソン17位・W杯団体 銀メダル
第14回世界選手権(モスクワ)マラソン 18位
第16回世界選手権(ロンドン)マラソン 9位
第20回世界ハーフマラソン選手権(カバルナ) 21位
第17回アジア大会(仁川)マラソン 銅メダル
第17回世界選手権(ドーハ) マラソン ※2019年9月開催

【主な競技歴】

2011年 東京マラソン/3位 福岡国際マラソン/3位
2012年 北海道マラソン/優勝 シドニーマラソン/優勝
2013年 別府大分毎日マラソン/優勝 ソウル国際マラソン/4位
2013年 ゴールドコーストマラソン/優勝 福岡国際マラソン/3位
2014年 びわ湖毎日マラソン/4位 防府読売マラソン/優勝
2015年 ニューヨークシティマラソン/6位 チューリッヒマラソン/2位
2016年 チューリッヒマラソン/優勝 福岡国際マラソン/3位
2017年 プラハマラソン/6位 ゴールドコーストマラソン/3位
2018年 ボストンマラソン/優勝 萬金石マラソン/優勝

あいおいニッセイ同和損保(株)

​川内 優輝

競技:陸上(長距離)
生年月日:1987年3月5日
出身地:東京都世田谷区
所属:あいおいニッセイ同和損保(株)
スポンサー:アシックスジャパン(株)

       Jaybird

【自己ベスト】

ハーフマラソン:1時間11分03秒

30km:1時間43分46秒

フルマラソン:2時間31分39秒

​【主な競技歴】

2008年 日本学生女子ハーフマラソン 優勝

2013年 熊日30kmロードレース 優勝

2017年 函館ハーフマラソン 優勝

2019年 バンクーバーマラソン 優勝

​2013~15 全日本実業団対抗女子駅伝3連覇

高山陸上競技協会

​川内 侑子

​所属:高山陸上競技協会

​出身地:岐阜県

【プロフィール】
川内三兄弟の次男。国内屈指のプロウルトラランナー。
4歳から走り始め、箱根駅伝エントリーメンバー入りを経て、2016年度よりプロランナーとして活動を開始。
2017年度には柴又100km、隠岐の島100km、四万十川100kmを制し、ウルトラマラソン三連勝。中でも、サロマ湖ウルトラマラソン100kmで記録した6時間28分35秒は、今期世界ランキング第5位の記録。
2020年に、100kmウルトラマラソン日本代表となることを目指す。

【主な競技歴】
2013年古河はなももマラソン   優勝
2016年隠岐の島ウルトラマラソン  優勝(大会記録)
2016年田沢湖マラソン  優勝
2017年柴又100K  優勝
2017年隠岐の島ウルトラマラソン  優勝(ウルトラマラソン二連勝)
2017年四万十川ウルトラマラソン 優勝(ウルトラマラソン三連勝)
2018年古河はなももマラソン 優勝(大会記録)
2018年福知山マラソン 優勝(三兄弟制覇)

Jaybird
市民ランナーの聖地化プロジェクト ランニングコーチ

​川内 鮮輝

・1990年11月8日生まれ
・春日部東高等学校―国学院大学―Jaybird
・Jaybird所属
・市民ランナーの聖地化プロジェクト ランニングコーチ

■​特別協賛 株式会社フジハウジング

■協賛  Jaybird MEDIFOAM・瞬足 青木農園 株式会社フジコー 株式会社大利根造園

​    株式会社アールはっとりはりきゅう接骨院 イトウ製菓株式会社
■協力  久喜市  久喜市商工会

Copyright © Kurihashi Sekisho Marathon All Rights Reserved.